ストーンペーパー

ストーンペーパーの特徴

ストーンペーパーは、原料に木材チップやケナフなどを一切使用せず、
石から抽出した無機鉱物粉末からつくられたストーン紙です。
だから、ストーンペーパーの製造時には貴重な森林を伐採する必要がありません。
また、製造時に水を使用しないため、
排水がまったく出ず『水質汚染』につながらないのも特長です。
まさに地球環境保護のために生まれた紙です。
従来の紙(パルプ)が水を吸収し膨張するのに対して石は水分を
吸収しないため、破れにくく強度や形状の変化がほとんどありません。
ストーンペーパーは、従来の"紙"と同様、または、従来の“紙”では
できなかった事にもご利用いただけます。

木を伐採しません
木を伐採しません

従来のパルプを使った製紙に比べ、ストーンペーパーは製造時に水で洗浄するプロセスが一切なく、強い酸やアルカリ、漂白剤も必要としません。
このため製造時の廃水排出の問題もなく、河川や海を汚染することもありません。地球の水資源保護のためにも役だっています。

CO2排出量を削減します
CO2排出量を削減します

ストーンペーパーは一般ゴミとして処理され、焼却炉で焼却できます。製品には多量の石に粉と樹脂が含まれており、この樹脂部分だけが燃焼します。
樹脂が燃焼すると、石は粉末となり、樹脂と空気の接触を確実にして完全燃焼を促進します。
よって有毒なガスを発生することもなく、二酸化炭素の排出量も最小で地球の温暖化を抑制します。

ストーンペーパーの環境への負担
一般的なバージンパルプ紙1トンをストーンペーパー1トンに代替すると

製造段階で天然資源保護に貢献できます。処分時も含めたLCA比較で見ると資源保護やCO2削減に貢献しています。

  • 樹木伐採を20本減らせます。
  • 大気排出物を約107kg減らせます。
  • 固形廃棄物を約76kg減らせます。
  • 用水/排水を約33959リットル減らせます。
  • 水質汚染廃棄物を約19kg減らせます。
  • エネルギー消費を約25百万BTU減らせます。

LCA:Life Cycle Assessmento ライフサイクルアセスメント製品の一生における環境負担を評価する手法。製造、輸送、販売、使用、廃棄、再利用まで全ての段階での環境負担を総合して評価します。

このページの先頭へ戻る

セフィオン加工

セフィオンとは
くらしの安全・安心をささえる最先端の印刷技術

セフィオンはイオテック社*のイオン化技術で機能性素材をイオン化することにより
Ag=抗菌、Cu=抗菌・抗黴、Ti=電子供給・還元作用、Pt=抗酸化、Au=抗酸化、
トルマリン=電子供給・還元作用などのさまざまな効果が期待できます。
それを印刷という手段をもってあらゆる製品に利用することで、わたしたちのくらしの安全・安心、快適性を追求することができます。
※イオテック社はイオン化基本技術の世界特許を取得しています。

セフィオンのイオン化された機能性素材は、ナノレベルまで微細化することで、従来の粉体素材と違い液体化しており、あらゆるタイプのインキとの親和性を確保。
発色性にもほとんど影響を与えませんので、さまざまな印刷物に採用できます。

  • ナノ粒子の大きさ
  • Agの電子配列
  • セフィオン加工された印刷物
使用例
  • 使用例

    ドギーバック
    お料理の鮮度保持に役立ちます。

  • 使用例

    包装紙
    抗菌効果でさまざまな菌から中味をガードします。

  • 使用例

    育苗札
    水上がりがよくなり発芽促進の効果があります。

  • 使用例

    抗菌ノート・メモ
    さまざまな菌の汚染から守ります。

  • 使用例

    絵本・書籍
    不特定多数の人が手にする病院の待合室などの感染防止に。

  • 使用例

    コースター
    飲み物の味をまろやかにする働きがあります。

安全・安心が要求される食品の包材に

包装紙、化粧箱、流通用段ボール箱など、「食」の安全確保に貢献します。

防腐剤フリーの化粧品容器や化粧箱に

樹脂製容器印刷、化粧箱など、内容物の防腐に容器が役に立ちます。

医療現場のあらゆる資材に

ディスポーザブル不織布マスク・シーツ、カルテをはじめとするさまざまな書類など、院内感染の予防に威力を発揮します。

機能性建材として

抗菌壁紙・天井材・床材、プリント合板、化粧タイルなど、シックハウス対策に貢献します。

その他、生活雑貨、文具、繊維製品など印刷が可能なあらゆる製品に機能性を付加できます。
このページの先頭へ戻る

3D印刷

3D印刷とは

3D印刷でより本物らしく
特別なフィルターやレンズを介することなく
裸眼で立体を実感することができる、新しい印刷技術です。
我々は早い段階からこの技術に注目、
データやノウハウの蓄積に努めてまいりました。
3D劇場映画の公開を契機に、テレビ・デジタルカメラなど3D製品がつぎつぎと生み出され、
3D市場が、かなり盛況となることが予測されています。
世の中で「3D」という言葉が一般化する中で、弊社の3D印刷は立体感のある印刷で「より本物に近い表現」という意味で世間のニーズにお応えできるものと考え、今後も商品開発を積極的に行って参ります。

製品例
  • 製品例
  • 製品例
  • 製品例
このページの先頭へ戻る